私は風俗の王様

風俗の王様を目指していた時の体験談を書いてみました。

デリヘルが嫌になってしまいそうです

豚みたいな女の子だったのでもうデリヘルが嫌いになりそうです。もし自分がぽっちゃり専門店の風俗で遊んだのであれば、こういう女の子だったとしても我慢できるのかもしれませんが、今回は普通のデリヘルを呼んだだけなのに太った女の子が来てしまいました。太ったというレベルではなくて、動物みたいな感じのレベルの女の子です。チェンジすることもできるのかもしれませんが性格的にあまり強気になれなくて受け入れてしまいました。彼女みたいな女の子に興奮できる男になれたら安く上がるのかもしれませんが、今回はデリヘル料金をドブに捨てたとしても不発で仕方がないという感じでした。風俗嬢にあまり期待するタイプではないのですが、やはり最低限のレベルは守って欲しいと思います。彼女の面接をした人の感覚を疑いますし、デリヘル嬢として生き残っているのが不思議で仕方がありません。世の中には色々なタイプの男性がいるのかもしれないと改めて考えさせられました。とにかくあんな女の子では興奮することはできません。

投稿日:2016年11月26日

おっぱいを揉みたくてデリへ

とにかくおっぱいが揉みたかったので、デリヘルを呼ぶことにしました。色々な風俗サイトを探しながら巨乳の女の子を選択しました。実際に来てくれた女の子は予想通りの巨乳だったのでいっぱいおっぱいは触らせてもらえました。お金を払わないとこういうことができないのはちょっと寂しい気もしますが、風俗で色々なストレスを発散することができているので仕事も頑張れるんだと思います。大当たりのデリヘル嬢が今回の様に来てくれると男として生まれてきてよかったなと感じます。性格も良い女の子で色々な話も合いましたので、あっという間に時間が過ぎてしまいました。お金の関係上60分しか予約することができなかったので今回は非常に残念でした。胸の大きな女の人と結婚できたらどんなに幸せなんだろうと考えながら帰宅しました。とりあえず次回風俗で遊ぶ時も同じ人を指名すると思います。それぐらい気に入った女の子でした。思い出すだけでボッキしてしまいます。